飼っても途中で飼育を放棄する人、生まれてくる子犬、子猫に責任を持たない人 、
去勢・不妊手術に関心がなく、拒否する人、
近所迷惑を顧みず、何の躾もしない、放し飼いする人、
そんな人は絶対に犬や猫を飼わないでください!
飼い主が皆、最後まで自分の飼っている犬や猫の面倒をみれば
この世にかわいそうな犬や猫がいるはずがないのです。
しかし現実は厳しく、かわいそうな子が後を絶ちません。
このページは、飼い主の方、保護した方、預っている方、
会員等複数の人間の協力によって作られています(日々更新)。
かわいそうな犬や猫を助けるために、
どうぞこのページの中からあなたのパートナーをお選びください。

新しい飼い主さんになって下さる方には、
誓約書にサインしていただき、守っていただきたい事があります。
また、その後、きちんと守って下さってるかのフォローもしておりますので、
ご家族みんなで相談の上、新しい飼い主さんになってください。
二度と不幸にしたくないために、少々厳しいアドバイスをする事もあります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 (1)家族の一員として、終生大切に飼うことを誓います。
 (2)絶対に捨てません 。
    どうしても飼えない場合は、1週間以内に、無事に返します。
    家族の事情で飼えなくなった場合は、必ず新しい飼い主さんを探し、
    その連絡先をいぬ・ねこネットワーク秋田に知らせます。
 (3)猫は完全室内飼いをします。
    メスは避妊手術を、オスは去勢手術を受けさせ、手術後連絡します。
    特に猫の場合、特別な事情がない限り、
    メスは6ヶ月齢、オスは1歳以内に手術します。
 (4)犬は登録し、毎年、狂犬病予防注射と、フィラリア予防をします 。
 (5)飼養条件などに問題がある場合など、会の趣旨に反すると判断され、
   返還を要請された場合はただちに返します。

あなたも是非、素晴しい飼い主になってください。

譲渡頭数の上限について
 犬猫の生活環境を考え、譲渡頭数に制限を設けています
   一家族 3匹まで(先住犬猫も含む)
   単身世帯 2匹まで(先住犬猫も含む)

その他
 貰い手募集に際しては、犬猫ともに健康診断と寄生虫検査をお願いします!
 幼い子の場合、1回の検便では寄生虫の検出ができない場合もありますので、
 後日再検査することをお勧めします

犬・猫、それぞれの欄に書いてある担当者まで、直接電話で問い合わせをお願いします
   当会スタッフは、家庭を持ち、仕事を持ち、または家族の介護をしながらの無償ボランティアです
   通話可能な時間帯であっても、急用で電話に出られない場合もありえますことを、ご理解願います
   譲渡するかどうかの判断は、会の基準で決めております
   貰い手さんの住環境調査も兼ねて、
   当会スタッフまたは保護主さんが貰い手さん宅にお届けいたします

環境省 迷子?の動物を見かけたら →クリック
   警察へ連絡はしても、決して預けないでください!3日後に「処分」されてしまいます!
環境省 虐待や遺棄の禁止 →クリック

                    解決済みの子は こちら→

              →新しい家族と巡り会う前に亡くなった子への追悼ページ

犬が欲しい 猫が欲しい

それぞれの欄に書いてある担当者まで、直接電話で問い合わせをお願いします。

いぬ・ねこネットワーク秋田
連絡お問い合わせは こちら→
inserted by FC2 system